【トレラン】飛騨位山トレイル・ショート12km【10月6日】

トレイル

高山市のモンデウス位山スキー場をスタートする、飛騨位山トレイルのショートを走ってきました!

少し肌寒い日でしたが、とても気持ちのいいトレイルで最高でした!

 

当日の持ち物

今回のレースで使ったものを簡単に紹介します。

よかったら参考にしてください。

レース用ベルト

前回の新城のレースのときはベストパックのザックを背負って走ったのですが、エイドもしっかりあって20kmくらいのレースならザックはいらないなと感じたので。。

ULTIMATE DIRECTIONのユーティリティーベルトを買いました。

楽天で買ったのですが、ショップからのメッセージカードが素敵だったので一緒に写真撮りました。笑

サイズは、170cm60kgウエスト74cmくらいですがMサイズでちょうどいいです!

 

シューズ

シューズは、前回の新城に続きモントレイルのログFKTを。

新城でもログの色違いを履いて走ったのですが、サイズを27cm→26cmに下げたというのが大きな変更点です。

自分の足のサイズの実寸をちゃんと測りなおしたのが理由です。

今までは山靴・トレイルは普段より少し大きめのサイズを選ぶことがいいと思っていたのですが、足の特徴やシューズの特性についてほんの少しだけ勉強してみると『27cmは大きすぎる!』という結論に至りました。

ぼくの足の長さは約25.7cm、足幅は約24cmでありがたいことに標準サイズの大抵の靴に合うような足型で、足の長さを四捨五入した26cmが適正サイズみたいです。

普段の靴も26.5cmを履いていたのでかなり勇気がいりましたが、意を決して26cmで走りました。

レースを走った結果をみる限り、今回はこれが吉と出たと思っています!

このあたりの内容はかなり面白かったので、もう少し深掘りしていこうと思います。

(もちろん足の長さや幅だけでなく、それぞれの指の長さや甲の厚さ、指の関節などの関係もあるので個人差はかなりあります!)

 

その他

そのほかのこまごましたものは以下の通りです!

・ヘッドバンド→モントレイルのヘッドバンド

・シャツ→モントレイルのノースリーブ(走る前は寒かったけど、走ったらノースリーブでよかった)

・ランパン→モントレイルのランパン

・ウォッチ→スントのアンビット3

・サングラス→ゾフの度入りサングラス(目が悪いので必需品)

・靴下→靴下屋のタビオ(高校の時から履いてます!他にオススメの靴下があれば教えてください!)

・ジェル→パワージェルの梅(使うことも無くゴールしました!)

・ボトル→サロモンのソフトフラスク500ml(今回は500mlもいらなかったです)

・携帯電話→iPhone XR(やっぱり走るにはXRはデカずぎる。。)

 

レース結果

目標2時間が、なんと1時間半も切れました!ビックリ!

7月に飛騨千光寺88トレイルに参加したときは約13kmを2時間かかっていたので、今回もそのくらいでゴールできればいいかなと思っていました。

予想以上のタイムに自分も、応援に来てくれた妻もビックリ。

ゴール直前で妻にラインしてなければ、妻は車で待っていたのでそのまま寂しくゴールしてました。笑

 

スタート前

今回はスタート前にしっかりと時間があったのでウォーミングアップできました。

新城も、その前の千光寺も、正直時間ギリギリで到着したらすぐスタートだったから、しっかり身体を動かせたのはよかったことだと思います。

 

気温も低かったので、ストレッチしたあとは少し汗ばむくらいに10分ほど走りました。

 

スタート〜ゴール

とりあえず後ろの方から消極的なスタート。

コースがどんな感じなのか事前に何も情報がないままスタートしたこともあり、序盤はかなりビビりながら林道とトレイルを走っていたのですが気づいたら位山山頂を過ぎていました。

あれもう半分か?とかなり不安になりながらも位山のスタッフさんが「ここからもう下りです!」って言ってたから大丈夫だと思い、後半はかなりスピードを上げられました。

位山山頂を通過し加速してちょっと走ったとき、右の靴紐が解けて一人抜かされたのが悔しかったです!それ以外のランナーには抜かされずに完走できたことはよかったです。

位山をすぎると走りやすい登山道になるのですが、木道の丸太が滑る滑る!

雨で湿っていたこともあり木の根もツルッツルで、前を走っていた中学生くらいのランナーも豪快にスリップしていました。。

また、日曜日開催だったので通常の登山者も多くすれ違いました。

ありがたいことに応援の声掛けもいただけて嬉しいかったですが、すれ違うときはスピードを落としたり歩いたりすることもしました。

やっぱりお互いに気持ちよく山に入ることが大事ですね〜

 

右足にマメできた

位山を過ぎたあたりの靴紐の解けが原因か、右足の母指球の下にマメができてしまいました。

新城のときも左足のほぼ同じ場所に大きなマメができてしまって、その原因はおそらくサイズが大きいことでした。

今回のレースはサイズを下げて調子がよかっただけに、これもかなり悔しかったです。

マメも下りの方がなりやすいのかなと思ったりしてますが、また対策を考えたいと思います。

 

エイドと補給

エイドは2ヶ所、林道終点と位山山頂にありましたが、どちらもスルーしました。

あまりにも登りがキツかったら位山山頂のエイドでジェルも使おうと思っていましたが、気温がそれほど高くなくて脚がとてもよく動いたのでフラスクに溶かしたヴァームだけで全く問題なかったです。

ユーティリティーベルトがとても優秀過ぎたのですが、走るときにベルトのポケットから少しはみ出たのでフラスク500mlは大きいのでボトルサイズは要検討です。

コースや当日の気温にもよるとは思いますが、15kmくらいまでなら今日のような装備とエイドで走れそうだなということがわかったのは今回の1番の収穫でした。

 

おまけ

 

スタート直前に待機していると、「フェイスブックに載せたいので撮っていいですか〜?」とスタッフさんに声をかけられました!

で、大会公式フェイスブックに写真載りました〜!笑(3枚目)

悲しいことに、とても短足なのがよくわかる写真となっていますね。

 

 

最後に、高山に行くと必ず食べに行く『甚五郎ラーメン』を紹介しておきます。

古い街並みの方にも店舗はあるのですが混むし駐車場がないので、少し離れたところに構えている店舗をオススメします。

お昼はライスと漬物がサービス。

ラーメンは、途中でお酢を2回しくらい入れるのが好きです!

北アルプスの帰りにはぜひ、甚五郎ラーメンに寄ってみてください!